お客には7つの段階があり、ステップアップさせる仕組みづくりが大切です。
 下図は小売店などの来店型ビジネスにおける顧客段階(階層)を表したものです。

顧客ピラミッド図

①未知見込客(潜在客)
 自店の存在を知らない購買対象者(注1)
 ⇒どうすれば、自店を知ってもらえるか(どんな告知方法があるか)?

②既知見込客
 自店の存在を知っている購買対象者
 ⇒どうすれば、自店に興味・関心を持ってもらえるか?

③初来店客(試用客)
 初めて来店してくれた浮動客(注2)
 ⇒どうすれば、来店してもらえるか?

④再来店客
 再び来店してくれた浮動客
 ⇒どうすれば、もう一度来店してもらえるか?

⑤得意客
 継続的に来店してくれる固定客
 ⇒どうすれば、継続的に来店してもらえるか?

⑥上得意客
 頻繁に来店してくれる固定客
 ⇒どうすれば、頻繁に来店してもらえるか?

⑦ファン客
 自店に大きな利益をもたらしてくれる信者客
 ⇒どうすれば、自店のファンになってもらえるか?

(注1)自店を利用してくれる可能性のある個人及び法人
(注2)固定化されていない客(自店・他店ともに利用する客)

【告知方法】
新聞折り込みチラシ、ポスティングチラシ、街頭手配りチラシ、連合折り込みチラシ、ダイレクトメール(DM)、FAX-DM、新聞掲載広告、雑誌掲載広告、タウン誌掲載広告、ミニコミ誌掲載広告、タウンページ掲載広告、時刻表掲載広告、郵便局広告、ホームページ、ブログ、フェイスブック、メールマガジン、PPC(Pay Per Click)広告、ニュースレター、無料小冊子、テレビ、ラジオ、交通広告、看板、プレスリリースなど