4つの市場地位(競争地位)とは、量的経営資源と質的経営資源によって、企業を4つのタイプに類型化し、その企業が業界内でいかなるポジション、つまり競争地位にあるのかを把握することで、企業がとるべき戦略(競争地位別の戦略)を提示した分類法のことです。
 アメリカの経営学者フィリップ・コトラーは、競争地位をそれぞれ「リーダー」「チャレンジャー」「フォロワー」「ニッチャー」と4つのタイプに類型化しています。

①リーダー
 量的経営資源にも質的経営資源にも優れる企業。一般に業界のマーケットシェア第1位の企業。周辺需要拡大、同質化、非価格対応、最適シェアの維持を目指す。

②チャレンジャー
 量的経営資源には優れるが、質的経営資源がリーダー企業に対して相対的に劣るような企業。リーダーの地位を狙う立場にある通常は業界の2~4位企業を指す場合が多い。
差別化や市場細分化などにより限られた分野に経営資源を集中する。差別化を徹底する。

③フォロワー
 量的経営資源にも質的経営資源にも劣る企業。すぐにはリーダーの地位を狙えないような企業。リーダーやチャレンジャーが成功した路線を模倣することによってコストダウンを図る。模倣化を原則とする。

④ニッチャー
 質的経営資源には優れるが、量的経営資源がリーダー企業に対して相対的に劣るような企業。擬似的独占の形成、つまり特定市場で周辺需要拡大、同質化、非価格対応、最適シェア維持を目指す。量の拡大を狙わず、リーダーが興味を持たない限られた分野で1位を狙う。